SSブログ
スポーツ ブログトップ

ミハエルシューマッハ一時は脳死とも・・現在は? [スポーツ]

ミハエルシューマッハ氏は、一時、脳死ともいわれていましたが、
現在はどのような状態なのでしょうか?


7度のF1タイトルに輝く、帝王ミハエルシューマッハ。

2013年末のスキー事故以来、こん睡状態が続いているといわれていました。


ミハエルシューマッハ氏のマネージャーのザビーネ・ケーム氏は、
「病院を退院し長いリハビリを続ける」と、
こん睡状態から回復したことを伝えております。



シューマッハ氏が現役時代にF1ファンだった私としてもとてもうれしい限りです。



スキー事故以来約6ヶ月の長期にわたり、こん睡状態が続いていたので、
回復に関しては、誰もが悲観的な見方をしておりましたが、
この6ヶ月の間にも、「意識を取り戻し覚醒をしようとしている」と
回復への具体的な兆候があることを伝えていました。


今回伝えられた情報では、

「今後は、シューマッハ氏のリハビリは公衆の目を避けて行われる」

とのことですので、

ゆっくりリハビリに専念できるような状態を作ってほしいと願っています。



【スキー事故の詳細】
2013年12月29日(日)午前、
フランスのメリベルリゾートでのスキー滑走中に転倒。

当時、現場にいた友人によると、ミハエルシューマッハ氏は岩に頭をぶつけ、負傷。

ただ、同氏はヘルメットはかぶっており、意識はあったとも伝えられた。

同氏はただちにグルノーブル大学付属病院に搬送された。

病院側の説明では

「到着時、重度の頭部外傷により、昏睡状態で重体。緊急脳神経外科治療が必要」である。

その後、さまざまな報道がされていたが、約6ヶ月にわたりこん睡状態でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コートジボワールのドログバ選手は英雄なの? [スポーツ]

W杯グループリーグC組の初戦で日本が対戦するコートジボワールのドログバ選手は英雄と言われています。

W杯グループリーグC組の初戦結果は、

コートジボワール  2-1  日 本

で、惜しくも日本は敗れてしまいましたが、前半に本田圭佑(ACミラン)が先制ゴールしたことで
本田選手の復調が感じられ2戦目に期待できるかな?
とわたし自身は思っています。次がんばって・・・


で・・・・・ドログバ選手については、さすがに存在感ありありでしたね。


そのドログバ選手ですが、”ディディエ・ドログバ”コートジボワール代表(FW)プレミアリーグで2度、
得点王を獲得している世界的なエースストライカーです。

幼少のときに、フランスへ渡り、サッカーの英才教育を受けており、
そのため、フランス・コートジボワール両国の国籍を持っていました。

ワールドカップに出場するなら、フランス代表に選ばれたほうがいいのに、
ドログバ選手はあえて、格下のコートジボワール代表を選びました。

もともとそんなには強くないコートジボワールですが、ドログバ選手の活躍もあり、
2005年、ワールドカップに初出場しました。

しかしながら、当時、国内は内戦状態。

ドログバ選手はワールドカップに初出場を決めた試合の直後ロッカールームで
カメラに向かい国民に対しメッセージを送りました。

それは、内戦をやめ、選挙をし、国を変えていこうという内容のものでした。

このメッセージの直後、内戦は一時停止しました。


ドログバ選手の活動の結果、内戦を行っていた南部・北部がひとつになろうとしていた。

2007年、決してサッカーをするのには良い環境ではなかったが、
コートジボワール代表とマダガスカル代表の試合が行われた。

この時、ドログバ選手はカメラの前で反政府のリーダーに平和を約束させた。

この事が、暫定的ではあるが、和平交渉のきっかけとなった。


ドログバ選手がいたから内戦が止まった・・・・・まさに英雄です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます